資金繰りの基本

会社を存続させるために一番大切なことはなんでしょうか?

事業を成り立たせて利益を出すことはもちろん不可欠なことです。しかし、利益が出ていても会社は倒産することがあります。会社を続けられなくなる直接の原因は、一言でいえば『お金がなくなったから』です。

会社を存続させるために重要なのは資金繰りです。お金があるうちは会社が潰れることはありません。当然のことのように思われるかもしれませんが、実際には黒字倒産という言葉があるように、それだけ資金繰りに苦労している会社は多いのです。

資金繰りの基本が実践できているかどうか、確認してみてください。

 

1)毎月、月次決算書を確認する

急にお金がなくなることはありません。しかしお金がなくなっていることに気がついていない、ということはありませんか?

そういったことを防ぐためにも、必ず毎月自社の月次決算書を確認しましょう。月次決算書とは、貸借対照表と損益計算書のことをいいます。特に重要なのは貸借対照表です。貸借対照表とは、会社の財務状況を表しています。

つまり、お金が増えているのか、減っているのか、足りているのか、貸借対照表を見ればわかります。よく、損益計算書は見るけれども貸借対照表はさっぱり…という社長がいます。会社の損益を見るだけではお金の動きは把握できません。毎月確認していれば、手遅れになる前に気付くことができます。

 

 

2)売上の回収は早急に

当然のことですが、お金は早く入ってくる方が資金繰りはよくなります。事業の内容によりますが、売上の代金はできることならば、着手金や前受金という形で先にもらうに越したことはありません。掛けで代金を回収する場合には、できる限り回収の期限を早めることです。

しかし、こういったことは取引先との関係上なかなか難しいこともあるでしょう。一番大切なのは、回収期限までに入金があったかどうかをその日に確認すること、入金のない相手先には早急に連絡をすることです。未回収の売上をそのままにしておくと、せっかく一生懸命仕事をしても無駄になってしまいます。また、相手先への連絡は早ければ早いほど回収できる可能性が高いです。連絡を取らない期間が長くなってしまうと、代金の回収が困難になっていきます。売上代金の回収は徹底しましょう。

 

3)不良在庫、使わない資産を現金化する

在庫はなるべく少ないほうが好ましいですが、在庫がないと商売にならないという場合もあるでしょう。

問題になるのは、売れなくなってしまった在庫、いわゆる不良在庫です。売れなくなったものを長く保有しても価値が下がっていくうえに、保管する場所代や管理の人件費などのコストがかかります。利益率が下がってしまっても、早いうちに売却し、現金化してしまったほうが結果的には会社にとってはプラスになることも多くあります。

また、在庫を持たない事業にも関わるのは資産です。資産とは、会社が購入した機械や備品、設備のことです。資産の中に、使用していないものはないでしょうか?

資産を持つことによって生産性が上がり、商品の質が上がり、それが売上に繋がっているのが本来の好ましい状況です。資産は多ければ多いほど良いというわけではありません。プラスの効果をもたらすからこそ意味があります。使わない資産は在庫と同じで、持っているだけでコストがかかっている場合もあります。現金化できるうちに売却してしまうのも資金繰り改善に繋がります。

 

資金繰りは、意識することで改善されていくものです。

資金繰りのコツをつかんで、潰れない強い会社を作りましょう。

ご相談やご質問などお気軽にお問い合わせください。


コンサルティング事業部第2課

玉野莉雅