販路開拓について


会社を設立して、新商品の開発に力を注ぎ、苦労の結果、満足できるものが出来ました。
とても出来が良いので、きっと社会に出すと売れるに違いない。でも、どのように売ったらいいのか分からない。
という経営者の方もおられるかも知れません。
せっかく高い技術があっても、それが世間に知られて評価されなければ売れません。せっかくの技術が埋もれてしまうこととなります。


中小機構では、マーケティングを支援する事業、”販路開拓コーディネート事業”という取り組みを行っています。
優れた新商品を持ち、全国に向けて市場開拓を目指す中小企業の経営者に対し、マーケティングの支援事業を行っています。首都圏・近畿圏を中心に、テストマーケティングを行い、コーディネーターがフィードバックを行います。
今回はこの販路開拓コーディネート事業をご紹介いたします。


販路開拓コーディネート事業って?

商社・メーカー等出身者やマーケッターが販路開拓コーディネーターとなり、首都圏・近畿圏の市場を中心に、テストマーケティングを行います。市場評価を把握、市場の開拓戦略に関してのサポートを行います。


販路開拓コーディネーターの役割

販路開拓コーディネーターとなる方は、事業者のマーケティング企画支援(計画のブラッシュアップ)、支援先企業のテストマーケティングに同行して訪問、マーケティング活動をフィードバックをします。

※この事業では、新たな取引先の紹介やあっせんをするものではありません。


こんな方にお勧めです。

・技術に自信があっても、新商品が売れるという事に悩んでいる。
・どの市場に売ればいいのかはっきりしない。
・どんな用途に使う事が出来るのかが分かっていない。
・本格的に市場に投入する前に反応を見てみたい。
というお悩みの経営者


販路開拓コーディネート事業の流れ

1)中小機構、都道府県の中小企業支援センターでの相談、審査の上、支援事業の開始

2)マーケティング企画のブラッシュアップ
・想定する市場の選定
・投入する商品を明確
・対象となる市場のプレゼンの検討

3)テストマーティングの準備
・コーディネーターが想定市場の企業へのアポイント取り
・想定企業へのヒアリング、プレゼン。

4)テストマーケティングの振り返り
・フィードバック報告会の開催
・新たな課題、改善活動へのアドバイス。
・今後のアプローチの検討、今後の事業に繋げます。


この制度のポイント

・新商品・新技術を売るための事業となりますので、既存の商品、既製品の販売などは対象にはなりません。
・支援には面談があり、独自性、新規性の確認が行われます。
・事前の相談や助言については料金はかかりません。 販路開拓コーディネータとテストマーケティング先に同行訪問する際、1回につき、1人あたり4,100円の負担が必要となります。


相談の窓口

各中小企業基盤整備機構の各地域本部
もしくは各都道府県にある中小企業支援センターでも相談出来ます。



公的な支援制度をうまく活用して、事業の拡大を目指しましょう。


コンサルティング事業部第1課
掛上健司