クラウド会計

SBCではクラウド会計の導入を進めています。

クラウド会計とは簡単に言えばパソコン本体に会計データを保管するのではなく、インターネットのクラウド上にデータを保管し、そのデータにアクセスする会計のシステムです。


クラウド会計を導入すると大きく以下のメリットがあります。


・お客様と会計事務所が同じデータにアクセスするため、データをやり取りする必要がなくなります。そのため、リアルタイムで会社の数字を確認できるようになります。
・インターネットバンキングや電子マネー、クレジットカードなどと相性が良く、仕訳データの入力を省けます。
 自社で経理をされる方は経理コストを削減し、会計事務所に任せる方は記帳料が削減できます。
・会計事務所側では記帳に関する時間を削減することで、提案の質が上がります。

などのメリットがあります。


クラウド会計などのフィンテックを駆使し、便利になっても変わらない大切なことがあります。



それは”経営者は数字の意味を良く理解し、その数字に基づいて正しい経営判断をする”という事です。


数字に強い社長になって頂くため、今後とも精進します。


コンサルティング事業部 第1課 掛上健司