資金計画の立案③

収支計画を立てよう

 

収支計画とは、収入と支出、借入とその返済の関係を

数年先まで予測することで、可能な限り詳細にシミュミレーション

する必要があります。

 

年数を経るごとに各支出項目の金額がどう変化するかを

予測・計画していけばよいのですが、問題は収入の予測です。

 

まず自分の商品やサービスの価格を決定しなくてはいけません。

そのため価格相場を実施や資料により調べ、いろんな角度から

検討し決めなくてはいけません。

 

一般的には仕入れの価格、必要経費を考慮し価格を割り出します。

そこに市場環境や立地条件など加味して売上を予測します。

 

それとは逆に、先に価格を想定しそれに合う商品選びや、

仕入れなど販売体制を考えるという順番もあります。

 

価格設定や販売体制が見えたら再度、支払を検討し、計画書に反映する

数字を決定していき、加えて資金繰りも明らかにしておきましょう。

 

また収支計画は数年先まで作成することが必要です。

世の中は変化しますが、変化したなら修正を図るというように考えましょう。

 

先まで予測することで『3年後には売上高2億円、単数年度黒字』など

事業のマイルストーンを決め、そこから逆に2年後、1年後を考える

という道筋がつくれてきます。

 

 

事業収支・金融収支計画項目 

(それぞれ、初年度・2年度・3年度・4年度・5年度を予測します)

 

事業収支  

         平均単価

         販売数

         売上高 

         原価

         粗利益 

         人件費

         事務所・店舗維持費

         用品費

         営業諸経費

         その他経費

         営業損益 

         営業外収益

         営業外費用

         経常損益 

         法人税等

         税引後損益 

         剰余金累計 

 

金融収支 

         借入金

         返済

         借入金累計