資金計画の立案①

資金計画はまず、独立前と独立後に必要な資金を

算出することからはじまります。

 

【動機の強さは将来の財産】

事業は収入と支出をたえず繰り返す行為です。

いくらの金額が、どこからきてどこへ行くのか。

またどうやって確保するのかを認識し、コントロールするのが

資金計画です。

その結果、事業活動が継続でき、なお利益をあげることができる。

それを、事業計画書を読む人に理解してもらう必要があるのです。

計画している事業の確実性と収益性を、数字によって

伝えるのです。

 

【開業資金は必要最低限】

まず、独立に必要な資金(開業資金)と独立後に必要な資金(運転資金)

を算出し収支計画の基礎を固めましょう。

 

【運転資金算出の前に固定費の抑制努力】

運転資金には、人件費や家賃など、売上状況にかかわらず

   定額を定期的に支払う費用があり、固定費といいます。

   支出に占めるこの数字の比率が高いほど経営は苦しくなります。

   しかも、業績が悪化しても支払わなければならない費用ですので

        あらかじめ固定費を低くするのが重要です。

 

 

       ☆★☆必要資金チェック☆★☆

 

      ●独立前に準備する資金

     事務所・店舗取得

敷金・礼金・保証金・仲介手数料・家賃一ヵ月分・看板契約料

                 駐車場契約料・その他

     改装・設備

内装工事・外装工事・電気工事・水道工事・配管工事・設備工事

看板製作・その他

     備品

デスク、イス・パソコン・パソコン周辺機器・ソフトウエア・電話FAX

金庫レジスター

空調機器・厨房機器・陳列棚・書棚・キャビネット・文具事務用品

印鑑・封筒紙袋

ユニフォーム・消耗品・自動車・その他

     広告・宣伝

名刺・案内状・チラシ類・ホームページ・記念品・その他

           ⑤     仕入れ

                仕入れ・材料・加工・その他

 

 

          ● 独立後に必要となる資金

          ①     人件費

給料・保険年金・福利厚生・通勤交通費・その他

     事務所・店舗維持

家賃・管理費・共益費・水道・光熱費・修繕費・看板使用料

駐車場使用料・物件更新料 その他 

     仕入れ

仕入れ・外注・材料・加工・その他

     用品費

備品・事務用品・消耗品・修理・その他

     営業諸経費

通勤以外の交通費・運送費・通信費・交際費・広告宣伝費

販売促進費・資料費

教育研修費・保険料・リース料・諸会費・租税公課・雑費・その他

     返済金等

短期借入金返済・長期借入金返済・納税準備金・その他