事業計画書の効果を高める重要ポイント(3)

事業計画書の効果を高める重要ポイントの3つ目は


市場アクセス方法を提示することです。

 

 

 

市場アクセス=外国市場への参入方法

と言う意味で使われることもありますが、事業規模に関係なく

その事業と、その事業が目指す市場とのパイプのつくり方   

という風に理解してみてください。

 

具体的には、その商品やサービスを、ターゲットにどのように知らせるか

どのように提供し、どのように対価を回収するか

などの方法のことです。

 

したがって事業の実現性にかかってくる非常に重要な項目です。

 

たとえば、世の中の大半の人が購入したくなる商品を考案しても

それを世間に知らせる術がない、輸送手段がない、販売する人がいない  

販売する場所がない。

これでは、いくら購入したい人が大勢いても、その人々の手元に

届けることはできないわけです。

それでは何の意味もありません。

 

では、どう考えればよいか。

簡単な方法としては、商品やサービスを決める前に、市場アクセス

つまり流通・販売・対価の回収などが、確立・確保しやすい事業内容を考え

その中から商品やサービスを絞り込むことです。

 

ただ現実的に、その順序で事業の内容を考えることは難しいとしても

市場アクセス方法の検討は、商品内容を決めることと並列して

取り組んでください。

少なくとも、後からとってつけたような方法論にはならないように。