事業計画書を実際に作成してみよう!

事業計画書は主要項目の説得力によって可否がきまります。

 

『何を、なぜ、誰に、どのような市場で、どのような特徴を持って、

どのように知らせ、どのように提供するか。そして、それは、いつ、誰と

どのような方法で、どのような数字に基づき、どのような数字を

目指して行うか』

 

特に、内容の魅力を伝える部分、その根拠を示す部分計画の緻密さなどには

注力しよう。

 

 

事業計画書作成のポイント

     わかりやく書くこと(内容がわからないプランに賛同する人はいません)  

     難解な専門用語の羅列や外国語表記の連発もNG

     長すぎる前置き、多すぎる参考資料もNG

     明瞭かつ簡潔が鉄則

  (プランが壮大なら一言でわかるタイトルや要約をつける)

     文章は「ですます調」

     山場となる部分には裏付けデータをつける

 

事業計画書に記入すべき内容の詳細

     事業プラン名 

     事業計画書作成の目的

     サマリー(事業プランの要約)

     目次 

     創業スタッフプロフィール

     事業内容 

      ○     商品・サービス・・・

    ○     業種・業態・・・・・・ 

    ○     事業目的・理念・・   

     ○     顧客ターゲット・・・

     市場環境

    ○     市場規模

     ○     市場の成長性

     ○     市場の特色

     ○     競合状況

     競合優位性 

    ○     品質・性能面

    ○     コスト面

    ○     立地条件面

    ○     特許・契約面

     市場アクセス 

    ○     価格戦略

    ○     コミュニケーション戦略

    ○     流通・販売戦略

    ○     対価の回収の仕組み

     経営プラン

    ○     仕入れ・生産計画

    ○     人員・組織計画

    ○     成長・拡大計画

    ○     タイムスケジュール

     リスクと解決策

    ○     想定されるリスク

    ○     対処方法

     資金計画

    ○     収支予測・・・開業初年度と2~5年後の

               売上高・売上原価・経費/損益合計 

    ○     必要資金・・・物件取得費・設備資金・仕入・運転資金/合計

    ○     調達方法・・・自己資金・出資金・借入金・その他/合計