確定申告の医療費控除

「確定申告の医療費控除」


納税者本人やその家族の病気やけがなどにより医療費を支払った場合には、確定申告により還付をうけることができます。これを医療費控除といいます。

 

1  医療費は、その年中に支払ったものに限られます。

2  医療費は、本人や本人と生計を一にする親族にかかるものが含まれます。

3  医療費は医師や歯科医師などに支払った診療などの費用のうち通常必要であると認められるものです。

4  医療費は診療や治療を受ける病状に応じて一般的に支払われる水準を著しく超えない部分の金額です。

5  保険金や損害賠償金などで補てんされる金額があればその金額は医療費から除かれます。

6  人間ドックや健康診断のための費用や容姿を美化するための費用は、医療費に該当しません。

7  健康診断で重大な病気が発見され、その診断に引き続き治療を受けたときは、その健康診断の費用も

医療費に含まれます。

8  医療費には、入院時の差額ベッド代は含まれません。

9  医療費控除額は、総所得金額等の合計額の5%か10万円のいずれか低い金額を超える部分です。

(最高限度額200万円)

10  確定申告書に医療費の領収書の添付または提示が必要です。

 

コンサルティング事業部 第1課 覚野 奈緒美