働きながら年金と給付金をもらう最適な給与の決め方

高齢者(60歳~64歳)雇用の常識!   
働きながら年金と給付金をもらう最適な給与の決め方

高齢者(60歳~64歳)を雇用している会社が知っておくべき制度があります。それは雇用保険の高年齢雇用継続給付と厚生年金の在職老齢年金という制度です。
この2つの制度を上手に活用して高齢者の給与金額を決めることにより会社の経費負担(人件費・社会保険料など)を大幅に減少させることができ、しかも高齢者の収入(手取り額)が大幅に減少しないようにすることが可能です。
これで会社は必要な高齢者の方の雇用が容易になり、高齢者も収入面での不安が解消され安心して働くことができます。


高年齢雇用継続給付とは
60歳~64歳までの雇用保険の被保険者(被保険者期間が5年以上必要)で、60歳以降の給与が60歳到達時(60歳になる直前6ヶ月の給与の平均)の給与の75%未満に低下した場合に支給されます。75%未満に低下しない場合には支給されません。ただし、60歳到達時の給与を職安に登録する必要があります。該当した月から、65歳になるまで給付が受けられます。

在職老齢年金(60歳以上65歳未満)とは
社会保険(厚生年金)に加入している人に支給される年金(特別支給の老齢厚生年金)が60歳以降の給与と賞与の金額に応じて減額される仕組みです。
60歳以降の給与と賞与が多いほど年金が減額されていきます。

コンサルティング事業部1課 覚野 奈緒美