事業計画書の主要項目をつかもう!

事業計画書の内容について、絶対に外せない8つの項目があります。

 

  事業プラン名・・・簡潔かつ魅力的で、それだけでも何を計画しているのかが

伝わるよう。

事業内容・・・・・・どのような市場・タ-ゲットに対してどのような商品・サービスを

                       提供するのかを、可能な限り端的に説明。

  市場環境・・・・・・市場規模や成長性、競合相手の評価などの

各種統計データ等を活用し、分析。(表やグラフが有効)

 

競合優位性・・・・同業種・同業態だけではなく、同じタ-ゲットの異業種の

                      競合先も意識し、優位性や差別化を訴求。

 

市場アクセス・・・計画している事業を、どのように市場に認知させるか

                     どのように販売網を築くかなど、事業実現のプロセスを

                        伝える。

 

経営プラン・・・・・仕入計画、開発計画、生産計画、人員計画、組織計画など

                     事業運営のシステムを紹介。

 

リスクと解決策・・想定されるリスクや問題点を抽出し、危険度を分析し

                      あわせて対処法や解決策も提示。

 

資金計画・・・・・・詳細な収支予測に加え、資金繰り計画も立案。

                        また、資金調達案や返済・配当計画も提示。

 

     業種や業態、規模の大小にかかわらず、これらの項目は必ず

     設定しておかなければなりません。

 

     専門分野外の事柄であると事業計画書の作成は簡単ではありません。

     ただ、計画書が書けなければ、結局、プランが立てられない。

     ひいては事業を実施できないという事になります。

 

     しかし、心配はいりません。

    基礎的な知識は書籍・短期セミナーなどで十分学べます。

    大切なのは、それらの知識がなぜ必要なのかを理解していることです。

 

    理解できていれば、細かいところはそれぞれの専門家と相談し

    進めることでなんとかクリアできます。

 

お役立ち情報